滝沢一成(たきざわいっせい)さん アンケート回答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆立候補にあたり

Q1) なぜ市議選に出るのですか?
A1) 自分の考えで市政を良き方向へ変えていきたいというのが第一義です。

Q2) 今回落選したら何をしますか? 4年後も立候補しますか?
A2) すごい質問、今井さんのnaturaeを感じますね。
そうですね、まず支持者の皆さんへのお礼巡りですかね。当選時も同様、入っても落ちてもご支持ありがとうございました、という。
その後ですが、落選したなら、何かで口に糊する必要があります。僕の場合、本業の映像・イベント・ステージ等の仕事をしながら、4年後の選挙も見据えるということになるでしょうか。
一般市民に戻って、その視点で市政を監視する活動を行うことも可能でしょう。

Q3) あえてあなたのウイークポイント・短所を、エピソードを交えて教えてください
A3) 忘れっぽい。大事な約束をすっぽかすことが時々あります。つい先日も、大事な町会の総会を……ウニャニャ…


◆上越市の今後について

Q4) これからの4年間、上越市にとって重要な選択は何だとお考えですか?
A4) 国がCHIHOSOSEIチホーソーセーと音頭をとるなら、上越市はそれを手玉にとって市独自の地方創生をしたたかにやるという選択(ベクトル?)をとるべきだと思います。
この「独自性」が重要で、市の名前を替えれば他市にも使えるという類ではなく、上越オリジナルのものを。

オリジナリティは市の持つ様々な側面に見ることはできるでしょうが、僕はその中でも重要なのは、「雪」とそれに根ざした「上越の民俗性」にあると思います。
20万の人々が住むにも関わらずあれだけの雪に見舞われる…世界でも稀な豪雪地上越だからこそ持つ「マイナス面」と「プラス面」をはっきりと見極め、「プラス面」は生かし、「マイナス面」は徹底的に克服するというコンセプトを持つ必要があります。

市政の本質は、第一義的に課題の超克にあると考えます。
したがってまずは「雪の持つマイナス面」を徹底的に克服したい。いわゆる克雪、具体に言えば河川水加温式消雪パイプの設置復活を軸とした除排雪を徹底し、雪ゆえに押しつぶされてきた「日常の利便性から上越市民が持つ気質まで」を向上させたいと考えます。

Q5) 定住人口の減少、中山間地の過疎化についてどう考えますか?
A5) ざっくりいえば、国の地方創生戦略の、また上越市のまち・ひと・しごと総合戦略の目的は、「そのまちに若者をいかに惹きつけ、定住人口の減少スピードを鈍らせるか」にあります。
当市の考えでは、3本の柱で惹きつけようとしている、すなわち「農業」「自然」「歴史」だと。本当にこれだけで、若者たちを吸引し、定着させられるのか、甚だ疑問です。
このまちに生きる「喜び」あるいは「楽しみ」がないと、若者は上越を選びませんね。

そういう意味で、いまアクティブスポーツ協会を立ち上げようとしている若い皆さんのグループに注目しています。それは一シチュエーションではあるけれど、それと軌を一にした様々な若い「アクティブ」な動きが始まる予感がします。

中山間地の過疎化…ウ~~ン、これは難しい。
海岸で、寄せては返す波がある、寄せるときは寄せる、引くときは引く…そういう摂理があり、その摂理に従いながら、残すべきコミュニケーションを保っていくしかないのではないかと思います。

Q6) 北陸新幹線は開業しましたが、今後どうしましょうか?
A6) どうしましょうか。新幹線新駅周辺のあり方ではなく、北陸新幹線開業そのものについての質問と理解し回答します。

かがやきが停まらなかったのはある意味、今期村山市政の最大の失政だったと思います。
かがやきなんか停まらなくてもどうってことないやん、という声もありますが、ある種の象徴として取り返しのつかない「負け」の刻印が上越に刻まれました。これは痛恨。たった一往復で良い、かがやきが停まれば、ポジティブな「空気」が広がったのではないかと思うのです。
ま、商売ですからJR東西日本としては、冷徹な判断をしたに過ぎないでしょうけれど。

ただ北陸新幹線は将来京都、大阪につながり、東海道新幹線とともにリングを形成します。その時、上越市はそのリングに加わる都市となるわけで、立場が劇的に変化すると考えます。遠い将来の話ですが、上越が勝負をかけるNEXT STAGEになることは間違いないでしょう。そこに未来の地平を見ます。

Q7) 上越市の財政状況について、今後どうあるべきだと考えますか?
A7) あるべき財政状況?? 適正な収支を行うことしかないでしょう。


◆市議会について

Q8) 市議会による視察、講師を招いての講演会についてどう思いますか?
A8) 先進事例を視察に行くのは意味があることです。それが実際上越市政に行かされるかどうかが課題ではありますが、必ず「生かされなくてはならない」と言いきるのは少々窮屈です。まるで、受験生が夏季ゼミに出席したら必ず成績をあげなくてはならない、と言われているような押しつけがましさも感じます。

まずは、市民が思っているかもしれぬ「無知・無能な」議員が、新しい施策や潮流を知る、積み重ねることで、血とし肉としていく、政治をつかさどる器として進化していく、そのために視察があると思ってはどうでしょうか。
講師を招いて、新しい切り口を得ることも、同様。
「学ぶ」ことを否定する必要はありますか? そこに多額の税金を使うことを問題視しているのだとは思いますが。B/Cでしょうね。

Q9) 議会の最中に居眠りしている市議をどう思いますか? ご自身は居眠りしないと誓えますか?
A9) 居眠りする議員は疲れているのか、市政に興味がないのか、二日酔いなのか、腹ふくるる思ひで目をつぶるのか、よく分かりませんが…。

常習の方は確かにいますね。普段鋭い質疑をしている某党の方も本会議場でよく寝ています、誰とは言いませんが…議員の能力と居眠り頻度とは関係ないのかもしれません。
僕は……どうかな。眠い時は確かにあります、そういうときは、市長答弁を筆記することに集中します。なかなかまとめづらいので目が覚めます。

今井さんなら寝ませんか? 誓えますか?  ヨハネ福音書第8章11節、ですかね。

Q10) 現状で市議はどの程度市民に対して説明責任を果たせていると思いますか?
A10) 市議は…という質問で、市議会は…という質問ではないことを踏まえてお答えします。
説明責任の果たし方は、市議一人ひとり違うと考えます。年に複数回・複数個所で市政報告会や意見交換会を行ったり、活動報告の通信ものを発行したりしてもまだ足りないと思う議員もいるでしょうし、4年間一度も報告会もしない、ましてや通信ものも出さないで全然平気な議員がいるかもしれません。
ブログやFB、twitterの利用も同様。

元来、説明責任を果たしているかどうかは、市民からの目線であり、議員からはそれ以上何ともいうことができません、とも言い添えておきます。


◆以下は設問者が関心を持っている上越市の条例についてご質問します。

Q11) 平成12年に制定された「上越市食料・農業・農村基本条例」について思うところがあればご記入ください。
A11) いまなぜ問いますか?

Q12) 平成26年に制定された「上越市地酒で乾杯を推進する条例」について思うことがあればご記入ください。ちなみに可決したご本人たちは本当に地酒で乾杯していますか?
A12) 全国の地方自治体で、流行り病のように広がった条例ですね。人畜無害ですから、あってもよいのではないでしょうか。採決では賛成しましたが、僕自身は、さほど興味はありません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*